Apples and Oranges

最近割とわかりやすい表現が続いてます。

早速ですが例文を紹介します。King of Queens からです。

Carrie: You starting to like this place, hon?

Doug: Yeah, it's okay. A lot better than that resort we stayed at in Florida last year.

Carrie: Oh, come on, you can't compare the two. It's apples and oranges. Hah!

友人であるDeacon&Kelly夫妻と旅行に来たDougとCarrieが、自分たちの部屋に戻ってきたシーンです。

キャリー:ここ、だんだん気に入ってきたんじゃない?

ダグ:あぁ、まあな。去年泊まったフロリダのホテルに比べたら大分ましだ。

キャリー:ちょっと、あそことここ比べるのやめてよ。リンゴとミカンでしょ。...ぶはっっ(笑)

はい。何となくわかりますよね。「似て非なるもの」、いや、「同じグループといえばそうかもしれないけど全然違うもの」と言った方が正しいでしょうか。よく会話でも使います。

この会話の最後の"Hah!"については実際に映像で見てもらわないと説明が難しいのですが、兎に角冗談めかして使ったんですね。この"apples and oranges"を。で自分で笑ってる、そんなシーンです。

日本のテレビ芸能風に言うと、言いたいだけじゃん!、なのかそれとも、こんなに質が違うんだから”apples and oranges"はおかしいでしょ! 、なのか、とにかく笑うことで自分のボケに自分で突込んでる感じです。

まあでも本当にしょっちゅう使います。たぶん

an American guy: Soccer is boring.

a British guy: Baseball is boring.

a Japanese guy: Fellas, apples and oranges.

アメリカ人:サッカーつまんねぇ

イギリス人:野球つまんねぇ

日本人:お前ら、リンゴとミカンだよ

こんな感じですかね。この使い方だと「目くそ鼻くそ」みたいに聞こえるかもしれませんが、基本的にそういったニュアンスはありません。とにかく、「比較なんかできない」「比較すること自体がナンセンス」というのがこのイディオムの意味です。

使ってみてください。

よろしければクリックして下さい。

アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

英会話 BELP

〒190-0013

東京都立川市富士見町1-34-1 天野ビル403

Tel: 042-595-7340

E-mail : info@belpenglish.com

お問合せ

フォームからのお問い合わせには必ず回答をしております

数日中に返信がない場合は、メールアドレスが誤っているか、設定に問題がある場合があります。ご確認下さい。

又、こちらからのメールに対しご回答がない場合は携帯電話(080 番号)から電話連絡をさせて頂いております。応答いただきますようお願いいたします。