take it or leave it

May 18, 2017

 

今日のフレーズです。イディオム、ではないですかね。表現といいましょうか。

 

A man who is shopping : Hey, how much is this?

The store owner: That's 200 bucks.

man: 200? isn't it too expensive?

owner: That's the price. Take it or leave it.

 

買い物中の男の人:おじさん、これいくら?

店主:200ドルだよ。

男:200ドル?高くない?

店主:そんなこと言ったってそれが値段だもん。嫌なら余所行きなよ。

 

ちょっと意訳的に訳してみました。文字通りに訳すと「持っていくか、おいていくか」ということなんですが、意味合いとしては「交渉の余地がない」ということです。

 

この条件でよければ持っていきな。そうじゃなければ置いていきな。こっちはどっちでも構わないよ。といったところでしょうか。

 

物の値段やサービスの料金についての会話で使われるのはもちろんですが、何かの交渉中にどちらかというと優位な立場の人間が「さっさと決めろ」というニュアンスも込めて使ったりもします。

 

Daughter: Dad, what time should I come home tonight?

Father: 8:00 o'clock.

Daughter: What? I'm not a child anymore!

Father: Take it or leave it.

 

娘:パパ、今日の門限何時?

父:8時だ

娘:は?もう子供じゃないんだけど!

父:嫌なら行っちゃだめだ。

 

よろしければ使ってみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

よろしければクリックして下さい。

April 30, 2019

April 19, 2019

April 12, 2019

April 9, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

英会話 BELP

〒190-0013

東京都立川市富士見町1-34-1 天野ビル403

Tel: 042-595-7340

E-mail : info@belpenglish.com

お問合せ

フォームからのお問い合わせには必ず回答をしております。

数日中に返信がない場合は、メールアドレスが誤っているか、設定に問題がある場合があります。ご確認下さい。