Apples and Oranges

June 5, 2017

最近割とわかりやすい表現が続いてます。

 

早速ですが例文を紹介します。King of Queens からです。

 

 

Carrie: You starting to like this place, hon?


Doug: Yeah, it's okay. A lot better than that resort we stayed at in Florida last year.


Carrie: Oh, come on, you can't compare the two. It's apples and oranges. Hah!

 

 

友人であるDeacon&Kelly夫妻と旅行に来たDougとCarrieが、自分たちの部屋に戻ってきたシーンです。

 

キャリー:ここ、だんだん気に入ってきたんじゃない?

 

ダグ:あぁ、まあな。去年泊まったフロリダのホテルに比べたら大分ましだ。

 

キャリー:ちょっと、あそことここ比べるのやめてよ。リンゴとミカンでしょ。...ぶはっっ(笑)

 

 

 

はい。何となくわかりますよね。「似て非なるもの」、いや、「同じグループといえばそうかもしれないけど全然違うもの」と言った方が正しいでしょうか。よく会話でも使います。

 

 

この会話の最後の"Hah!"については実際に映像で見てもらわないと説明が難しいのですが、兎に角冗談めかして使ったんですね。この"apples and oranges"を。で自分で笑ってる、そんなシーンです。

 

日本のテレビ芸能風に言うと、言いたいだけじゃん!、なのかそれとも、こんなに質が違うんだから”apples and oranges"はおかしいでしょ! 、なのか、とにかく笑うことで自分のボケに自分で突込んでる感じです。

 

まあでも本当にしょっちゅう使います。たぶん

 

an American guy: Soccer is boring.

a British guy: Baseball is boring.

a Japanese guy: Fellas, apples and oranges.

 

アメリカ人:サッカーつまんねぇ

イギリス人:野球つまんねぇ

日本人:お前ら、リンゴとミカンだよ

 

 

こんな感じですかね。この使い方だと「目くそ鼻くそ」みたいに聞こえるかもしれませんが、基本的にそういったニュアンスはありません。とにかく、「比較なんかできない」「比較すること自体がナンセンス」というのがこのイディオムの意味です。

 

 

使ってみてください。

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

よろしければクリックして下さい。

April 30, 2019

April 19, 2019

April 12, 2019

April 9, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

英会話 BELP

〒190-0013

東京都立川市富士見町1-34-1 天野ビル403

Tel: 042-595-7340

E-mail : info@belpenglish.com

お問合せ

フォームからのお問い合わせには必ず回答をしております。

数日中に返信がない場合は、メールアドレスが誤っているか、設定に問題がある場合があります。ご確認下さい。