O 「オー」

May 28, 2017

少し前に、英語に「エー」という音はない、という話をさせて頂きました。

今度は「オー」です。

 

さすがに英語に「オー」はない、とは言いません。あります。

ただし、Oは「オー」とは読みません。絶対に。

 

嘘のように聞こえますが、本当です。

 

O.K. オーケー

S.O.S. エスオーエス

O脚 オーキャク

Oh my god! オーマイガッ

王貞治 オーサダハル

 

全部「オー」のような気がしますが、実は「オウ」です。

 

そんな事はわかってるよ。オウサダハルでしょ?だけど「オウ」は「オー」じゃないか!

 

そこなんです。「オウ」=「オー」は日本語での話です。「エイ」=「エー」も日本語の話です。

「エー」の場合は以前説明したように、英語にないので、単なる訛りととってもらえるでしょう。

が、「オウ」と「オー」ではそうは行きません。

 

low

 

低い、という意味です。カタカナ英語で「ロー」と書かれます。

 

law

 

法律、という意味です。カタカナ英語で「ロー」と書かれます。

 

同じ音なのでしょうか。いいえ、違う音です。

low = 「ロウ」、law = 「ロー」が正解です。

 

(実は辞書によってはこの辺りの違いをあまり明確にしていなかったりもするんです。lowもlawも同じ発音記号であらわされてたりします。が、私はそういう辞書を認めません!)

 

手っ取り早く見分ける方法をお教えします。

と言っても、基本的にはスペルで判断するだけです。

 

al、awが「オー」(あとauもかな...)

 

all

fall

ball

talk

almost

 

awful

raw

claw

paw

 

全部「オー」です。

 

 

昔「saw」という映画がりましたが、邦題が「ソウ」でした。

明らかに間違ってます。敢えてカタカナで行くのであれば「ソー」です。

こういう事をするから日本人の英語の発音がおかしくなるんですよ。

カタカナ使うにしても可能であれば実際の発音で表記すべきだと思いませんか?

 

誤解のないようにお願いしたいのですが、al、awが必ず「オー」だというわけではないですよ。例えば

 

salt

 

には当然「オー」の音はありません。

 

 

一方で、owは基本的に「オウ」です。(あとoaもかな..)

 

show

crow

below

tow

 

「オウ」であって「オー」ではありません。

 

但し、owも必ず「オウ」と読むわけではありません。

 

bow

cow 

 

は「オウ」ではなくどっちかというと「アウ」(このアもオに近いアなんですが)と発音しますよね。

 

ややこしくなってきましたが、言えることは

 

英語では「オウ」と「オー」は違う音である。

aw, al を「オウ」と発音することはない。(例外があったらごめんなさい)

ow, o を「オー」と発音することはない。(例外があったらごめんなさい)

 

です。

 

AO入試、という言葉があるそうです(意味は知りません)が、wikipediaで「エーオーにゅうし」と表記されていました。残念。0点です。書くなら「エイオウ」です。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

よろしければクリックして下さい。

April 30, 2019

April 19, 2019

April 12, 2019

April 9, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

英会話 BELP

〒190-0013

東京都立川市富士見町1-34-1 天野ビル403

Tel: 042-595-7340

E-mail : info@belpenglish.com

お問合せ

フォームからのお問い合わせには必ず回答をしております。

数日中に返信がない場合は、メールアドレスが誤っているか、設定に問題がある場合があります。ご確認下さい。